他人の自転車は整備するな!?整備ミスのリスク!!

自転車の整備が自分で出来るようになってくると、知り合いの自転車の整備もやってあげたくなってしまう方もいるのではないでしょうか?
とくにマイナーな自転車専用工具を買ったりすると、何かもったいなくて、使いたくなってしまうのではないでしょうか?
他人の自転車を整備するときのリスクについて少し書いてみようと思います。

一番のリスクは整備ミスによる事故!
例えば整備ミスが原因で重大事故が発生し、何千万円もの賠償金を支払うことになるかもしれません。

想定される最悪な状況の具体例
整備ミスによりブレーキが故障。それが原因で運転者は歩行者をはねてしまい、運転者、歩行者ともに後遺症の残る大怪我。運転者は自転車事故に対応する保険に加入しておらず、整備者に損害賠償を請求することに。

よくありそうな具体例
整備ミスにより運転中にハンドルバーが突然はずれ転倒。運転手は後遺症の残る怪我、高価な自転車も壊れてしまった。

整備作業中、固着していた部品を強引に取り外そうとしたら壊してしまった。

自転車の整備ミスによる事故に確実に対応してくれるような保険は通常、個人では加入できません。探せばあるかもしれませんが、他人の自転車を整備する為にわざわざ保険に加入するでしょうか?
個人賠償責任保険等で確実に対応してくれる保険会社を見つけれれば加入する価値がありますが。もしそういう保険を知っている人がいたら教えて欲しいです。よろしくお願いします。
個人賠償責任保険で補償されるかどうかはケースバイケースでイマイチ安心できません。
支払われるかもしれないので個人賠償責任保険入ってないなら整備しない方がいいかもしれません。

普通に自転車にのって事故を起こした場合は、個人賠償責任保険は有効なので、自転車に乗る場合は加入しておきましょう!
個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険、クレジットカード等の付帯保険で加入するのが一般的です。個人賠償責任保険単独で加入できる保険商品はほとんどありません。

知り合いに自転車整備をを頼まれた時の対応例
知り合いに自転車整備を頼まれたら断りにくいですよね。
その知り合いとの人間関係も考慮する必要があります。
時には断る勇気も必要です。

まずは整備箇所の確認
整備ミスで大事故につながりやすいブレーキ関係はなるべく避けたいですね。
万一の時に大事故につながりやすい箇所の整備はやらない方が無難です。
といっても自転車の場合、ほとんどが重要部品でどこの整備ミスをしても事故につながりやすいです。

保険の加入状況を確認しよう
まずは、その人がきちんと自転車事故に対応する保険に加入してるか確認しましょう。
自身の怪我を補償するレジャー保険やスポーツ保険や傷害保険、相手への損害を補償する個人賠償責任保険等の両方に加入している必要があります。
未加入で大事故が起きた場合、運転者が金銭的に苦しくなるので。整備者にたいして賠償が求められる可能性が高くなります。
加入してた場合でも保険会社等から整備者に対して賠償を求めることも理論上可能ですが、そんなことをする保険会社はまずありません。
保険会社から支払いを求めずに整備者に賠償を求めるような人かどうかは見極めておきましょう。

保険未加入のようなら、「保険未加入者は整備できない」と断ってしまうのもいいかと思います。
もちろん、自分が個人賠償責任保険に加入していない場合も断った方がいいと思います。

自転車整備を断るときは、信頼できる自転車屋さんを紹介できるようにしておくといいですね。
「整備に自信が無い」と言って自転車屋さんを紹介すれば無理に頼んでくる人はいないかと思います。

知り合いの自転車を整備すると決めた場合の危険回避手段例

1、工具を貸し、整備方法を教えながら本人にやらせる。
本人にやらせることにより、責任回避しましょう。何かあったら本人の自己責任です。

2、万一の整備ミスのさい、責任を追及しない旨、一筆書いてもらう。

例文(改良の余地あり)

車両 (自転車の車種名や防犯番号など)
甲 (知り合いの名前)
乙 (自分の名前)

甲は乙に車両の整備を依頼するし、乙は依頼を受けて該当車両を整備するものとする。
甲は整備中及び整備後における整備内容に起因する事象の全ての責任を負う。
甲は乙に対して整備に関するいかなる賠償も要求しない。

甲 署名印鑑
乙 署名印鑑

上記の整備作業が終了し、整備箇所の確認・安全点検が終了したら下に捺印署名する
日付 甲 署名印鑑
日付 乙 署名印鑑

こんな感じでしょうか?行政書士さんとかにちゃんとしたテンプレ作って欲しいところですが。
整備作業前に証明捺印してもらい、整備後に該当整備箇所の安全点検・確認を一緒にして再署名してもらいましょう。

人間関係はプライスレス
良好な人間関係のため、割り切って他人の自転車整備をするというリスクを負うのもありかもしれません。
もし、カミーユ木村が独身時代に意中の女性に自転車整備を頼まれたとしたら、喜んで作業したと思います(笑)
ただ万一、整備ミスによる事故が起きた場合も人間関係が破綻する可能性があります。
他人の自転車を整備するときは自分の自転車を整備するとき以上に慎重にやる気持ちで行いましょう。

20倍の価格差!?1万円と5万円の自転車比較!自転車業界の裏事情
折り畳み自転車の方が安い理由!!自転車業界裏事情
ステンレス注意!!本当は怖い電蝕の話

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車整備

シール・ステッカーを貼る前に・脱脂は重要!

シール・ステッカーを貼る時は、事前の脱脂作業がとても重要です。
脱脂作業が不十分ですと、すぐに剥がれてきてしまいます。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

新品価格
¥682から
(2018/1/27 22:06時点)

ソフト99 脱脂剤 99工房 シリコンオフシート 5枚入 09227

新品価格
¥326から
(2018/1/27 22:08時点)

市販のシリコンオフを使っての脱脂が楽だと思います。
面倒な脱脂作業が比較的に楽にできるのでとても便利です。

水洗いできるものなら台所用洗剤で洗うのが費用があまりかからず便利です。
これは昔ながらの一般的な手法です。王道ですね。

脱脂がきちんとできているかの確認方法として、試しにマスキングテープを貼ってみるというのもあります。マスキングテープを剥がすときにほとんど抵抗が無くすぐ剥がれる感じがするなら、脱脂が不十分かもしれません。マスキングテープの粘着力によって追加の脱脂ができるので一石二鳥かもしれませんね(笑)

シール・ステッカーのレビューの罠!
NEW3DS LLにカーボンスキンシール貼ってみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品

シール・ステッカーのレビューの罠!

例えば、とあるカッティングシートの商品レビューで、
「A社の商品はすぐ剥がれてきてしまった。B社の商品を買い直して貼ったところ、すぐ剥がれてくることはなく満足」
このようなレビューがあったとします。
このレビューようなレビューを見るとB社の商品の方が優れているような気がしますよね。

ぶっちゃけると、そんなことはありません!

シールやステッカーなどは、2度目に貼ったものの方がよくくっつく。という事実があるからです。
とくに後で剥がすことを前提にしている商品でこの傾向が強いです。

何故2度目に貼ったものの方がよくくっつくかというと、2つの大きな理由があります。

シール・ステッカーを貼って剥がす作業が、脱脂・汚れ落とし作業になっている
ステッカー等を貼る場所を丁寧に汚れを落として脱脂する必要があるということは皆さん知っているでしょうが、脱脂作業というのはなかなか難しいです。
プロでもかなり時間のかかる作業です。専用の薬品を使って脱脂したつもりになっても、今度は薬品が残ってしまいがちになるなど、とても手間のかかる作業になります。
1度目に貼ったステッカー等の粘着力で油分や汚れが取り除かれるので、2度目に貼るものの方がよくくっつきます。
人によっては、2度目に貼る作業の前にもう一度脱脂作業をしたりもするので、より完璧な脱脂状態に近づいていることでしょう。

1度目に貼ったステッカー等の粘着成分が残っている
ステッカー等を剥がしても、粘着成分が、よくなじんだ状態で残ってしまいがちです。当然、2度目に貼るものの方がよくくっつきます。
両側から粘着するのですから、よくくっつくのは当然ですよね!

剥がさないことを前提としたステッカー(特に屋外用のもの)ではこの限りではない
粘着剤というより、接着剤に近い成分のものが使われているので、残った接着剤成分が劣化した状態で邪魔をして、2度目に貼ったものが付きにくくなることもあります。
その場合、丁寧に接着剤成分を落とさないと、次に貼るものがすぐ剥がれてしまいがちになります。

シール・ステッカーを貼る前に・脱脂は重要!

20倍の価格差!?1万円と5万円の自転車比較!自転車業界の裏事情
折り畳み自転車の方が安い理由!!自転車業界裏事情
自転車の水抜きしてますか?
ステンレス注意!!本当は怖い電蝕の話
NEW3DS LLにカーボンスキンシール貼ってみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品

折り畳み自転車の方が安い理由!!自転車業界裏事情

折り畳み自転車ってありますよね。同じようなグレードの非折り畳み自転車と価格を比べてみると、「折り畳み自転車の方が安い?」と気づくはずです。
折り畳み機構がついている分、普通に考えたら折り畳み自転車のほうが価格が高そうなものですが。
なぜ折り畳み自転車は安いのでしょうか?

工場卸値は折り畳み自転車の方が高い!
工場での卸売販売価格は折り畳み自転車の方が高いです。
折り畳み機構がついてる分、製造コストが高いみたいですね。だいたい1000円~2000円くらい高い印象です。

輸送費が安い
折りたたんで輸送することができるため、輸送費が安くなる傾向があります。
海外工場から街の自転車屋さんまでの輸送費は、普通の自転車なら5000円前後かかりますが、折り畳み自転車なら3000円前後で運べたりもします。

組み立て工賃が必要ない
通常の自転車は分解された状態で自転車屋さんに届きますが、折り畳み自転車は完成された状態で自転車屋さんに届きます。
なので、自転車屋さんで組み立て工賃を価格に上乗せして販売する必要がありません。
組立工賃分(1000円~2000円くらい?)安く販売することができます。

製造コストはかかるが、輸送費が安く、組み立て工賃も必要無いので折り畳み自転車の方が安い!

20倍の価格差!?1万円と5万円の自転車比較!自転車業界の裏事情
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠
HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム

20倍の価格差!?1万円と5万円の自転車比較!自転車業界の裏事情

1万円の自転車と5万円の自転車、単純に考えると価格差は5倍ですよね。
1万円と5万円の自転車の性能差の比較は今回の記事ではしません。
5倍の価格差だけでも性能に大きく差がありそうだというのは予想できると思いますが(笑)
今記事では裏の数字について書いていきたいと思います!

輸送費だけで1台あたり5千円?
自転車工場の多くは中国や台湾にあります。
海外の自転車工場から、日本の自転車屋さんに持ってくるだけで輸送費が1台当たり5千円くらいかかってしまいます。
自転車は大型商品なので、どうしても輸送費が高額になりがちです。

自転車は自転車さんで組み立てる!
多くの自転車は工場から分解された状態で出荷されます。
これを街の自転車屋さんが組み立てて、整備調整して販売しています。
町の自転車屋さんは組み立てと整備調整の工賃を自転車価格に反映させて販売します。

輸送費や工賃のほかに、中間業者やお店の利益が上乗せされて販売されます。

1万円の自転車の工場卸売り価格は2千円!
1万円くらいで売られている自転車の工場卸売価格をぶっちゃけると、1台あたりなんと2千円くらいです。(最近の為替だと円安の影響でここまで安くなかったりしますが)
中国国内なら店頭でも4~5千円くらいで買うことができたりもします。

5万円の自転車の工場卸売価格は4万円くらいです。
2千円と4万円を比較すると価格差20倍となるわけですね。
つまり
工場卸売価格の価格差が20倍あるということです。
20倍もの価格差があればかなり性能に差があることは簡単に予想できますよね!

折り畳み自転車の方が安い理由!!自転車業界裏事情
スリックMTBの魅力
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠
ダイソーの新型ワイヤーロックの防犯性能は?切断してみました。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム
1 2 3 5