コスパ最強でカスタム性も高いスピンバイク HAIGE HG-YX-5006 の紹介!!

カミーユ木村が愛用しているスピンバイクを紹介します!!
もともと安く、コスパが良かったのですが、最近になってさらに値段が下がったみたいなので改めて紹介することにしました!
HAIGE スピンバイク HG-YX-5006

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥22,000から
(2018/2/11 12:26時点)

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ホワイト

新品価格
¥22,000から
(2018/2/11 12:34時点)

カミーユ木村が買った時には2万5千円を超えていたので、なかなか安くなっていますね!
このスピンバイクの良いところは、値段が安めなことのほかに、カスタム性が高いということがあげられます。
サドルとペダルを一般の自転車のものと交換できるのが素晴らしいです。


上記の画像のように、サドルとペダルを交換することができます!
ビンディングペダルに交換できるので、本格的なトレーニングをしたい人にとってはとてもありがたいですよね(^^)
もとから付いているペダルは金属製で丈夫ですが、裸足で乗るのには向かないので、裸足で乗りたい人も交換が必要だと思います。

サドルを自分好みに交換できるので、長時間トレーニングしてもお尻が痛くなりにくいのが素晴らしいです。
もとから付いているサドルは幅広でそこそこ固い座面です。裏に衝撃吸収用のバネも付いているのでなかなか快適だと思います。

交換作業の様子が気になる方は下記のリンクを見てください↓↓
HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!

その他の良いところとしては、小型で省スペース設計なところがあげられます。
あまり場所を取らないのは嬉しいです。

設置スペースがある人や大柄な人向けにスタンダードサイズのものも販売しているようです。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5001 自宅で気軽に本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥27,800から
(2018/2/11 12:59時点)

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5001 自宅で気軽に本格トレーニング カラー:ホワイト

新品価格
¥27,800から
(2018/2/11 12:57時点)


スタンダードサイズのHG-YX-5001は値段が小型サイズのHG-YX-5006より高いですが、ついているメーターがより高性能なものになっています。また耐荷重が120kgになっています(HG-YX-5006は100kg)
HG-YX-5006でも充分な安定感がありますが、大型化してさらに安定感が増すのでより本格的なトレーニングができるかと思います。

さらに、新型のハイエンドモデルもあるようなので、紹介しておきます。

HAIGE 新型 フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5007 ~自己ザップを目指す全ての方に~ カラー:ブラック

新品価格
¥31,800から
(2018/2/11 13:08時点)

HAIGE 新型 フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5007 ~自己ザップを目指す全ての方に~ カラー:ホワイト

新品価格
¥31,800から
(2018/2/11 13:09時点)

個人的には、小型で値段も一番安いHG-YX-5006がおススメですね(^^)/

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!

サイクリング中、ずっと冷たいドリンクを飲む方法
ダイソーのミゼットニッパーの切断能力を検証!
スリックMTBの魅力

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車用品

シール・ステッカーを貼る前に・脱脂は重要!

シール・ステッカーを貼る時は、事前の脱脂作業がとても重要です。
脱脂作業が不十分ですと、すぐに剥がれてきてしまいます。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

新品価格
¥682から
(2018/1/27 22:06時点)

ソフト99 脱脂剤 99工房 シリコンオフシート 5枚入 09227

新品価格
¥326から
(2018/1/27 22:08時点)

市販のシリコンオフを使っての脱脂が楽だと思います。
面倒な脱脂作業が比較的に楽にできるのでとても便利です。

水洗いできるものなら台所用洗剤で洗うのが費用があまりかからず便利です。
これは昔ながらの一般的な手法です。王道ですね。

脱脂がきちんとできているかの確認方法として、試しにマスキングテープを貼ってみるというのもあります。マスキングテープを剥がすときにほとんど抵抗が無くすぐ剥がれる感じがするなら、脱脂が不十分かもしれません。マスキングテープの粘着力によって追加の脱脂ができるので一石二鳥かもしれませんね(笑)

シール・ステッカーのレビューの罠!
NEW3DS LLにカーボンスキンシール貼ってみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品

シール・ステッカーのレビューの罠!

例えば、とあるカッティングシートの商品レビューで、
「A社の商品はすぐ剥がれてきてしまった。B社の商品を買い直して貼ったところ、すぐ剥がれてくることはなく満足」
このようなレビューがあったとします。
このレビューようなレビューを見るとB社の商品の方が優れているような気がしますよね。

ぶっちゃけると、そんなことはありません!

シールやステッカーなどは、2度目に貼ったものの方がよくくっつく。という事実があるからです。
とくに後で剥がすことを前提にしている商品でこの傾向が強いです。

何故2度目に貼ったものの方がよくくっつくかというと、2つの大きな理由があります。

シール・ステッカーを貼って剥がす作業が、脱脂・汚れ落とし作業になっている
ステッカー等を貼る場所を丁寧に汚れを落として脱脂する必要があるということは皆さん知っているでしょうが、脱脂作業というのはなかなか難しいです。
プロでもかなり時間のかかる作業です。専用の薬品を使って脱脂したつもりになっても、今度は薬品が残ってしまいがちになるなど、とても手間のかかる作業になります。
1度目に貼ったステッカー等の粘着力で油分や汚れが取り除かれるので、2度目に貼るものの方がよくくっつきます。
人によっては、2度目に貼る作業の前にもう一度脱脂作業をしたりもするので、より完璧な脱脂状態に近づいていることでしょう。

1度目に貼ったステッカー等の粘着成分が残っている
ステッカー等を剥がしても、粘着成分が、よくなじんだ状態で残ってしまいがちです。当然、2度目に貼るものの方がよくくっつきます。
両側から粘着するのですから、よくくっつくのは当然ですよね!

剥がさないことを前提としたステッカー(特に屋外用のもの)ではこの限りではない
粘着剤というより、接着剤に近い成分のものが使われているので、残った接着剤成分が劣化した状態で邪魔をして、2度目に貼ったものが付きにくくなることもあります。
その場合、丁寧に接着剤成分を落とさないと、次に貼るものがすぐ剥がれてしまいがちになります。

シール・ステッカーを貼る前に・脱脂は重要!

20倍の価格差!?1万円と5万円の自転車比較!自転車業界の裏事情
折り畳み自転車の方が安い理由!!自転車業界裏事情
自転車の水抜きしてますか?
ステンレス注意!!本当は怖い電蝕の話
NEW3DS LLにカーボンスキンシール貼ってみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その2

前回に引き続き、ミリタリポーチを自転車バッグに流用の紹介です。
今回は、ダンプポーチをパニアバッグに流用したものを紹介します!
ダンプポーチ、ダンプバッグは、空になったマガジンを放り込むためのポーチです。

ベルトに固定するところを荷台の上部、脚に固定するところを荷台の下部に固定して使っています。
上下でしっかりと固定出来ています。まるで最初から自転車用のサイドバッグとして作られたみたいです(笑)

かさばりがちな自転車のカギの持ち運びがかなり楽になります。
携帯工具や予備チューブ、レインコート等、かなりの荷物を余裕をもって携行できて、長距離ツーリングにはとても便利です。

ちなみにレッグバッグなんかも、自転車の荷台にちょうど取り付けできそうなものもあるみたいです。
今度試してみようかな?

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その1
スリックMTBの魅力
サイクリング中、ずっと冷たいドリンクを飲む方法

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その1

前回の記事で気になった人がいるんじゃないかと思いちょっと書いてみます。

ハンドルのところについている迷彩バッグ。自転車専用品にも見えますが、実はただのミリタリーポーチです(笑)
太いガンベルト等につけれるようになっているポーチなのですが、ちょうどハンドルのステムの合わさるところにピッタリ。

最近の軍用品のモールシステムのものは自転車のいろんなところに取り付け可能です。
ミリタリーショップに行って、自転車用ポーチに流用可能なものを探すのも楽しいですよ。
サドルバッグになりそうなものや、荷台に2個取り付けたらパニアバッグになりそうなものまでいろいろあって楽しいですよ。
通販サイトだとイメージが膨らみにくいので(ミリタリーマニアの人なら別でしょうが)実店舗に行くのがおススメです。
ミリタリー品の雰囲気が好きな人ならぜひ試してみてください!

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その2

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車用品
1 2 3 4