気軽にドロップポジション!セミドロップハンドル!

セミドロップハンドルは昔の子ども用スポーツ自転車に使われていたハンドル形状です。
今ではほとんど見ることができません。
カミーユ木村のツーリング車はセミドロップハンドルですが(笑)


セミドロップハンドルのスリックMTB(笑)

セミドロップハンドルのいいところ
まずは価格が安いということがあげられます。
ブレーキレバーやシフトレバーは普通のバーハンドル向けのものが使えるので価格を抑えることができます。
ドロップハンドル向けのブレーキレバーとかは高価ですからね。
さらにコストを抑えようとすれば、セミドロップハンドル自体も、ママチャリ用のカマキリハンドルを上下逆さにするだけでセミドロップハンドルとして流用することができます。
スポーティーなドロップポジションを低価格で実現でき、当時の子ども用自転車としては大ヒットだったんですね。
ドロップポジションをとることができるので、スピードも出しやすいです。

悪いところ
ドロップポジションしかとることができません。
ポジションの多様性がないので、ドロップハンドルと比べると長距離は疲れます。
スピードを出しやすいというのは子ども用自転車としては必ずしもメリットではありませんでした。
前傾姿勢で前も見にくい傾向もあるため、全国のPTA等によってセミドロップハンドルが校則で禁止されるなどして、セミドロップハンドルの子ども用自転車は姿を消していくことになりました。

クロスバイクやスリックMTBをセミドロップ化してみよう!

ブレーキレバーやシフトレーバーはそのまま使えるので、セミドロップハンドルを用意すればいいです。
場合によってはポジションだしのため、ステムも新しく用意する必要がありますが。
ハンドル交換だけでお手軽にドロップポジションを試してみることができます!

日東(NITTO) ハンドルバー B-302AA

新品価格
¥3,012から
(2017/5/30 09:06時点)

スリックMTBを作ろう!
スリックMTBの魅力
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠


Posted under 自転車コラム,自転車整備,自転車用品

サイクリング中、ずっと冷たいドリンクを飲む方法

プラスチックの一般的な自転車用のボトルを使うとすぐに中のドリンクがぬるくなってしまいますよね。たくさん氷を入れても、真夏の炎天下ならすぐに溶けてぬるくなってしまいます。
保冷タイプのボトルでも気休め程度です。

金属製の真空断熱タイプの水筒を使う
金属製の真空断熱タイプの水筒を使うと、ドリンクの冷たさをずっと維持できます!
真空断熱がポイントです。保冷力が全然違います。真夏でも朝に入れたドリンクが夕方まで冷たいです。
真空断熱タイプの製品の中ではサーモスの製品が軽量で、大きさの割には容量もありますです。
ちなみに金属製のボトルですが、競技会等ではルール上、残念ながら使用できないことが多いです。
普段のサイクリングや練習で使用しましょう。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 600ml マットブラック JNL-602 MTBK

新品価格
¥2,365から
(2017/5/18 14:55時点)

上記の製品が自転車用のボトルケージに収まるサイズになります。
(相性があるため、すべてのボトルケージにぴったりと収まるわけではありません)
ワンタッチでフタが開くので、片手で飲めるのがうれしいところです。
ですが一般的な自転車用ドリンクボトルのサイズだと、中の容量がどうしても少なくなりがちです。太い容量が多きい水筒を使うと自転車のドリンクホルダに収まらなくなります。

太い水筒でもぴったりなドリンクホルダを使う
Zefal WIIZボトルケージ と サーモスFFZ-800Fの組み合わせです。

Zefal WIIZボトルケージは、柔軟性が高いプラスチックで作られているので自転車用ボトルより太い水筒でもしっかりと保持できます。
横から取り出すタイプなので長い水筒でも取り出しやすいです。
ボトルを保持すところはひっくり返せるので、左右どちらかの好きな方から取り出せるように出来ます。
自転車への取り付けボルトの穴は縦長になっていて、取り付け位置を上下に微調整出来ます。
とても使いやすいです。

Zefal(ゼファール) WiiZ [ウィズ] 樹脂ボトルケージ 65g ブラック リバーシブルモデル 170001P

新品価格
¥576から
(2017/5/18 15:11時点)

Zefal(ゼファール) WiiZ [ウィズ] 樹脂ボトルケージ 65g ホワイト リバーシブルモデル 170004P

新品価格
¥576から
(2017/5/18 15:25時点)

サーモスFFZ-800Fは現在では型落ちモデルとなっており、後継品が販売されています。
水筒カバーは外して使用した方が、ドリンクホルダに収まりがいいです。

サーモス 真空断熱スポーツボトル 【ワンタッチオープンタイプ】 0.8L ブラックイエロー FFZ-801F BKY

新品価格
¥2,436から
(2017/5/18 15:17時点)

もっと容量が大きなものもあります。

サーモス 真空断熱スポーツボトル 【ワンタッチオープンタイプ】 1.0L ブラックイエロー FFZ-1001F BKY

新品価格
¥2,837から
(2017/5/18 15:17時点)

さらに大きな容量のものもありますが、ドリンクホルダの強度等が心配なのでやめておいたほうが無難だと思います(個人的な心配です。もしかしたら全然大丈夫かもしれません)


Posted under 自転車コラム,自転車用品

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥26,800から
(2017/5/12 14:32時点)

まずはカミーユ木村が愛用しているスピンバイクの紹介です。

このスピンバイクは手ごろな値段ながら、サドルとペダルが一般的な自転車と同じ規格の物が使われておりカスタマイズ性が高いのが特徴です。
またコンパクト設計になっていて、フルサイズのスピンバイクより場所をとらないのもうれしいところです。
もちろんロードバイク+ローラー台と比べるとかなりの省スペースです。


サドルは一般的なスポーツサドルと同じ74mmレールのものです。
ヤグラは、MTBルック車や格安クロスバイクによくある、ママチャリシートポストに取り付けるタイプのものです。
このおかげで、スポーツサドルだけではなく、ママチャリ用のサドルの一部(シートポスト一体型サドルではないもの)を取り付けることもできます。
シートポスト一体型のヤグラではないのはサドル位置調整機構との兼ね合いだと思われます。


ペダルもまた一般的なペダルです。トゥークリップとベルトがついています。
金属製のためたぶん裸足で漕ぐと痛いと思います(笑)上履き推奨。
どうしても裸足で漕ぎたい人は樹脂製ペダル等に交換推奨です。

せっかくなのでサドルとペダルを交換してみたいと思います!

ヤグラごとサドルを取り外します。止めているナットは1/2インチサイズ(12・7mm)でした。
1/2インチのスパナは持っていないので13mmのスパナで代用しました。

そのままナットをゆるめてヤグラを取り外し、交換先のサドルに移植します。

完成!!

ペダルもビンディングペダルに交換しました。左側のペダルは逆ネジになっているので注意が必要です。
重さを最大にするとペダルが動きづらくなり、ネジが回しやすくなって取り外しやすいです。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥26,800から
(2017/5/12 14:32時点)

↓もっと本格的なものが欲しい人にはワンサイズ大きなものがあります。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5003 2016年9月発売開始 カラー:ホワイト

新品価格
¥31,800から
(2017/5/12 15:52時点)

↓体格がいい人向けのさらに大きなもの。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5001 自宅で気軽に本格トレーニング カラー:ホワイト

新品価格
¥31,800から
(2017/5/12 16:00時点)

コスパ最強でカスタム性も高いスピンバイク HAIGE HG-YX-5006 の紹介!!


Posted under 自転車整備,自転車用品

スリックMTBを作ろう!

スリックMTBの作り方を解説していきたいと思います!
といってもマウンテンバイクのタイヤをスリックタイヤに交換するだけなので、本記事ではベース車選びとタイヤ選びの基本を中心に書いていきたいと思います。

ベース車選び
乗っていないマウンテンバイクやMTBルック車を持ってるならそれがベース車です(笑)
乗っていたとしても走るのが舗装路のみならぜひスリックMTBにして舗装路での走行性を向上させましょう!

もし新しくベース車を用意するなら、フロントサス付きのハードテイルタイプがオススメ。
用途的にはフルリジットタイプも良いのですが、それなら最初からクロスバイクを買った方がいいかと思います(笑)
中古で安いフルリジットタイプのマウンテンバイクが手に入るならアリです。

前後サス付きや、リヤサスのみついているマウンテンバイクもありますが、基本的にはあまりお勧めはしないです。
リアサスがペダルを回す力を吸収してしまうため、舗装路での走行性能は悪くなりがちです。
スリックMTBのメリットである舗装路での走行性能があまり高くならないので、たたまた家にあるマウンテンバイクがリアサス付きでもない限り、やめておいた方がいいとか思います。

タイヤ選び
スリックMTBといっても基本的にセミスリックタイプのスリックタイヤを選びます。
セミスリックタイヤではありません。セミスリックタイプのスリックタイヤです。
ややこしいですが、マウンテンバイクの場合、単にセミスリックタイヤというと、タイヤの端がブロックタイヤで真中がスリックタイヤのオンオフ兼用タイヤのことをさす場合が多いです。
舗装路と悪路両方を走りたい人はセミスリックタイヤがいいかもしれません。
話が逸れました。
溝が全くないスリっクタイヤは基本的には競技用です。
スリックMTBの用途を考えるとあまり向いているとは言えません。
セミスリックタイプのスリックタイヤで決まりです。

たぶん大半のマウンテンバイクは26インチHEという規格のタイヤを履いていると思います。
26X2.0というように後半のサイズ表記に小数点が入っているのが目印です。
後半の2,0はタイヤの太さが2.0インチということです。
もし、26x2や26x1/2のような小数点がなかったり分数が入っているタイプのものはWO規格という別タイプの規格で、HE規格と互換性がありません。注意しましょう。

タイヤサイズは1.5インチ以上の太さのものが目安
26インチHEのセミスリックタイプのスリックタイヤといっても、1.0インチの細いものから2.1インチ以上の太いものまでいろいろあります。
マウンテンバイクのフレームは頑丈にできているため、振動吸収性が悪い傾向があります。
あまり細いタイヤだとタイヤの振動吸収性も悪いため、乗り心地が悪くなってしまう傾向があります。
また、マウンテンバイクは太いタイヤを履くことを前提で作られているため、ある程度太いタイヤの方がカッコいいと思います(個人の主観です)
最低でも1.25インチ以上、無難に行くなら1.5インチ以上の太さのタイヤですね。
しかし、あまり太いと舗装路での走行性が落ちてしまうため、1.75インチ以下にするのがおススメです。

結論を言うと、1.5インチか1.75インチのものということになります!
26x1.5もしくは26x1.75のサイズのセミスリックタイプのスリックタイヤを買いましょう!

↓↓がカミーユ木村の使っているタイヤです。

AKI WORLD(アキワールド) 26X1.5 ORANGE/BLACK TR-KE-022

新品価格
¥1,575から
(2017/4/13 19:27時点)


アキワールドが販売元(?)ですが、生産は台湾のKENDAでKWESTブランド。
「KENDA KWEST」のロゴも普通にに入ってます。

有名なクロスバイク、GIANT Escape シリーズもKENDA KWESTが標準装備です(700cというサイズですが)
そこそこいいクロスバイクはだいたいKENDA KWESTが標準装備です(笑)

すり減りにくく、なにより価格が安いのでオススメ。
回転方向に指定があるので、取り付け時、向きに注意です。
高級タイヤと比べるとちょっと性能的にイマイチといわれるタイヤですが、マウンテンバイクのブロックタイヤと比べると、舗装路での走行性能は次元が違うレベルです。

AKI WORLD(アキワールド) 26X1.5 YELLOW/BLACK TR-KE-020

新品価格
¥1,575から
(2017/4/13 19:30時点)

AKI WORLD(アキワールド) 26X1.5 WHITE/BLACK TR-KE-017

新品価格
¥1,575から
(2017/4/13 19:31時点)

スリックMTBの魅力
気軽にドロップポジション!セミドロップハンドル!

スパイクタイヤで自転車通勤(検討編)
スパイクタイヤで自転車通勤(メンテナンス編)


Posted under 自転車コラム,自転車整備,自転車用品

ダイソーのミゼットニッパーの切断能力を検証!

ミゼットニッパーとは、いわゆるボルトクリッパーやワイヤーカッターと同形状の、非常に切断能力の高い工具です。
本来ならそこそこ高価な工具ですが、なんとダイソーで300円(税込324円)で売ってました。
2015041414590000

このダイソーのミゼットニッパーの切断能力を検証していきたいと思います。

2015041415230000

切断能力が3mmと書いていました。
刃が実測で4mmまで開いたので、3.5mmくらいまでなら何とか切れそうです。

VSワイヤーハンガー
家に適当な針金が無かったのでワイヤーハンガーを切断してみます。
2015042314410000
ワイヤーハンガーの太さはビニールの被膜込みで2.7mm位です。
中の針金だけならたぶん2mm以下だと思われます。
2015042314570000

ちょっと切断にコツが必要でしたが、一応切断できました.

VSシフトワイヤー
2015042315020000
シマノのマウンテンバイク用、ステンレス製のシフトワイヤーです。
残念ながらうまく切断できませんでした。

VSダイソーのワイヤーロック
2015041414580000
こちらも切断できませんでした。
どうやらワイヤーを切るのは苦手なようです。
このワイヤーロックの防犯性能については、
ダイソーの新型ワイヤーロックの防犯性能は?切断してみました。
こちらを参考にしてください。

VSダイソーのチェーンロック
今度はチェーンタイプのロックを切ってみます。
2015042315050000
線径2mmの鎖を使っているようです。

2015042315100000
あっさり切断できました!
チェーン部分よりビニールの被膜のほうが切りずらかったです(笑)

ミゼットニッパーの切断能力が凄いのかチェーンロックの防犯性能が残念なのか判断に迷うところですね。
そのうち、もう少しいろいろ検証してみる予定です(^^)/

自転車用テールライト、キャットアイとダイソー比較
ダイソーの新型ワイヤーロックの防犯性能は?切断してみました。
ダイソーの裾止めバンド!
ダイソーのタイヤレバーでタイヤ交換!


Posted under 自転車コラム,自転車整備,自転車用品
1 2 3 4