とりあえず生存報告!

ブログの更新してませんが、とりあえず生きてます!
今現在、フルタイムで働くことを最優先目標としてがんばっている最中です。

自転車とかも割といじったりしてるのでもうちょっと更新したいんですけどね。
自転車アクセサリーやパーツの紹介記事を月2回くらいで書くのを努力目標にする予定です。

本当は自転車整備とかプロに任せたいと思っているのですが、
自転車屋さんに持っていくのが面倒だったりでついつい自分でやってしまいます。
カミーユ木村は自動車整備士の国家資格は持って居ますが自転車の資格は持ってませんし(笑)
クルマと自転車は共通するところも多いです違うところも当然あります。
クルマと同じ仕組みの物でも自転車部品だと小さくて繊細な感じですしね。

話は変わりますが、自転車とかクルマの整備って、
「自分で出来るけど、プロに頼む」が理想だと思うんですよね。

「自分で出来るから自分でやる」
「自分で出来ないからプロに頼む」が一般的ですし、それでも問題はありません。

「自分で出来ないのに自分でやる」が最悪です(笑)

自分で整備するかどうか迷った時、その整備個所が、万が一、自分の整備ミスで故障した時のことを考えます。
そんなことを考えるとブレーキ関係の整備は本当に怖いですね。
自転車だと、油圧ディスクブレーキの整備はちょっと面倒ですが、他のブレーキの整備は割と簡単です。
作業自体は簡単ですが、ブレーキ関係の整備ミスは重大事故につながります。
信頼できるプロに頼むか慎重な作業が必要です。
プロに頼んだうえで、ちゃんと作業されているか自分でも点検するくらいでちょうどいいかもしれませんね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 普通の日記

TT250Rエンジンオイル交換!(交換方法・手順解説)

TT250Rのエンジンオイルの交換方法を解説してみたいと思います。
TT250R Raid(レイド)も、ほとんど同じです。

※撮影の都合等の理由で砂利の上で作業してますが、部品などを落とした際に見失いやすく、また風に舞った砂がエンジンに等に混入する可能性が有るため、オススメしません。

TT250Rは、純正のアンダーガードの場合、アンダーガードを外さないでもオイル交換できますが、その場合、アンダーガードがオイルで汚れやすいので、とくに急いでる場合以外はアンダーガードを外して作業をすることをオススメします。
今回はアンダーガードを外す場合を解説していきます。

使用する工具。
2015043013110000
10mm、12mm、14mmのスパナ、5mmの六角レンチです。
他に、廃オイルを受けるためのトレイなどが必要です。

パーツクリーナーや、ウエス(キッチンペーパーでも可)、浸透潤滑剤(ボルト等が固着している場合)なども用意しておくと便利です。

※使用する工具は、マイナーチェンジやその他の理由(修理・整備の際にボルトを別の物に交換等)で、別の工具が必要な場合があります。

2015043012070000

このTT250Rのエンジンオイルを交換します。

2015043012060000
オイルの注入口は車両の右側にあります。

2015043012070001
小窓があって、エンジンオイルの量や汚れ具合を確認することができます。

2015043012080000
スパナをかけているところがオイル注入口のふたになっているフィラーボルトです。
スパナのサイズは14mm。
必ず、オイルを抜く前にこのフィラーボルトがきちんと開くことを確認しましょう。
固着してどうしても開かない場合でも、オイルを抜く前なら、バイク屋さんに自走で持ち込むことができます。
オイルを抜いた後でこのフィラーボルトの固着に気付くと大変です。
最悪、出張修理を頼むか、バイクをバイク屋さんまで押すことになります。

2015043012130000

アンダーガードを外します。
前側はボルト2本で留まっています。
六角レンチ(5mm)を使用してそれぞれ外します。

2015043012140000
後ろは両側から固定されています。
10mmのスパナを使って外します。
まずは右側。

2015043012150000
続いて左側。
これを外すとアンダーガードが下に落ちてきますので、受け止めましょう、

2015043012190000
アンダーガードが外れました。
ついでにアンダーガードの汚れを落としておきましょう。
このあと出てくる廃オイルを洗浄油として使うのもオススメ。(あまりにも廃オイルが汚れている場合はオススメしません)

2015043012210000
オイル受けのトレイ等を用意して、ドレンボルトを緩めます。
左側寄りにあります。
12mmのスパナを使用します。
ドレンボルトを緩めると勢いよくオイルが出てくるので注意です。

2015043012270000
本当はオイルが勢いよく出ている写真を撮りたかったのですが、オイルまみれの手でケータイを触る気になれず断念(笑)

2015043012320000

ドレンボルトのパッキン(ガスケット)を交換する場合は交換してください。(銅製のパッキンなので、ぶっちゃけ、何回か再使用しても問題ないです。)
ちなみにこのパッキン、ヤマハ純正品番・品名だと、 90430-12213 ガスケット 227円です。
ホームセンターで買うなら、日産車用として売られてものがサイズや形が近いので流用可能です。
パッキン(ガスケット)は流用可能ですが、ドレンボルトはネジのピッチが違うので流用不可です。

 

 

オイルが出終わったら、ドレンボルトを取り付け、新しいオイルを入れます。
ドレンボルトを取り付ける前にオイルを入れてしまうとそのままオイルが漏れてしまいます(笑)

2015043012350000

TT250Rのオイル交換時のオイル量は約1リットルです。
なので1リットル缶を全部入れるだけなのでとても楽です。
オイルフィルターも交換する場合は1.3リットル必要なので少し面倒ですね。

オイルを入れたら小窓でオイル量を確認します。

ふた(フィラーボルト)を取り付け、アンダーガードを元に戻して完成です(^^)/

ヤマルーブ プレミアムシンセ10W40 1L 90793-32152

新品価格
¥2,203から
(2015/4/30 16:44時点)

デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレン用 M12×3枚 75395

新品価格
¥259から
(2015/4/30 16:45時点)

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 普通の日記,未分類

子供用自転車整備完了!(+「子供」と「子ども」の表記について)

子供用の自転車の整備完了しました!
子供用自転車整備中!!

結構、派手な感じです(笑)
今日は天気が悪くて写真の撮影を見送ったのですが近いうちに写真撮ってブログにあげたいと思います。
いろいろこだわり感が強い自転車に仕上がっているのでいろいろ写真付きで解説したいですね。

整備しているより部品を届くのを待っている時間のほうが長かったかな(笑)
せっかく自転車整備完了したのですが、うちの子供は風邪をひいて熱を出して寝ています。
しばらくは自転車に乗れなさそうです。
ちょっと残念ですが仕方ないですね(^-^;

「子供」と「子ども」の表記の話
そういえば「子供」の表記ですが、「供」の字が負のイメージとか蔑称とかという話で、「子ども」の表記を使うのが流行っていましたよね。
「お供をする」「お供え物」するの意味があるので差別表現だとかそういった話です。

文部科学省が2013年6月に公文書を「子供」の表記で統一すると発表したようで、それからまた「子供」の表記の文章が増えてきています。
流行ったものはなかなかなくならないので、まだまだ「子ども」の表記も多いですが、今後はだんだん減っていくものと思われますので、「カミーユ木村のブログ」では「子供」の表記を使っていきたいと思います。

「子ども」という表記が増えだしてきた当初は違和感があったのですが、今となっては見慣れた感もあってあんまり違和感が無くなってきていました。
なので今更感もありますけど(笑)

そんな感じでよろしくお願いします(^^)/

カミーユ木村の子供の自転車公開!
子供用自転車整備中!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車整備,普通の日記

ダイソーの自転車用品特集予定中!

ダイソーの自転車用品コーナー観ていたら、いろいろ衝動買いしてしまったので、インプレとかを近いうちにあげようかなと思っています。

実はほうじ茶サンポールで工具の黒錆化もやっていたのですが、脱脂が不十分だったのか色ムラがひどい感じです。
定番のレモン紅茶で再挑戦の予定です(^^)/

今日のトレーニングは坂道ダッシュの予定でしたがスクワットに変更しました。
自重じゃ軽いので。妻の体重追加。
マイワイフをお姫様抱っこしてスクワット。

一応スロートレーニングを取り入れてスロークワット。
合計3回だけど結構がんばった感じです(^^)

握力を鍛えるためにハンドグリップ45kgを10回づつ×3。

明日は普通に自転車で走れたらいいなぁ。

 

自転車用テールライト、キャットアイとダイソー比較
ダイソーの新型ワイヤーロックの防犯性能は?切断してみました。

ほうじ茶サンポールで錆とり!
ステンレス注意!!本当は怖い電蝕の話
スロートレーニングの効果

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車用品,普通の日記

ほうじ茶サンポールで錆とり!

※このいわゆる「ほうじ茶サンポール」はカミーユ木村オリジナルです。
真似する場合は、自己責任でお願いします。

新しく買った子どもの自転車から外した錆びた鉄部品。
2015041210190000

写真だと意外ときれいに見えますがよく見ると結構錆びています。

錆とりといえばサンポールの出番です。
トイレ用酸性洗剤ならサンポールじゃなくても大丈夫です。ダイソーのNEOナイスとか。
錆取り剤としてとても優秀です。

強力に錆を溶かすのですが、錆じゃない部分も溶かしてしまっうので、使用後に何らかの処置をしないとまたすぐに錆びてしまいます。

そこで、ほうじ茶(もしくは紅茶)とサンポールを混ぜて使います。
だいたい、1対1の割合で混ぜます。

ほうじ茶や紅茶にはタンニンが含まれているので、表面に黒色酸化被膜(黒錆)を形成して錆びにくくなります。
色は少し黒っぽくなります。

プラスチック(金属製は溶けるのでダメ)のトレイに、サンポールとほうじ茶を混ぜたものを入れます。
錆びた鉄部品を、その中に入れて1時間弱放置して取り出します。
中性洗剤で洗ったあと、錆(溶けてすごく脆くなってます)をキッチンペパーとかでふき取ればピカピカになります。

黒錆の被膜をしっかり作りたい場合は、
まず部品をしっかりと脱脂してから作業しないときれいな黒色になりません。(ムラができます)
脱脂した部品をほうじ茶サンポールに3時間くらい浸します。様子を見ながら作業します。
錆をふき取ります。
もう1度、液に浸して、軽くふき取ったあと半乾きで放置します。
好きな黒色具合になるまで、浸す、乾かすを繰り返せばOKです(^^)/

2015041218210000

撮影条件は違いますが、若干、黒っぽくなってます。
錆はキレイに落ちました。
今回はしっかりとした黒錆作りはしていないので、たっぷり防錆剤を塗って完成です(^^)/

サンポール 1000mL

新品価格
¥310から
(2015/4/12 20:02時点)

レモンティーで黒錆加工!
子供用自転車整備中!!
自転車の水抜きしてますか?

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車整備,普通の日記
1 2 3 4