運動療法でサイクリング!(自転車選び編)

うつ病やその他の病気の運動療法としてサイクリングが注目されていますね。
日中に屋外でのサイクリングだと、太陽光を浴びることにより、光療法を兼ねることが出来ます。
運動療法に使う自転車はどんな自転車が良いか、ちょっと書いてみます。

ママチャリ・シティサイクル
もうすでにそのママチャリやシティサイクルを持って居るのならその自転車で大丈夫です。
通勤・通学や、お買い物でも使いたいならオススメの車種です。
色々な場面で使うことにより、継続的な運動がしやすくオススメです。

クロスバイク
運動療法に使うなら定番の車種ですね。新たに運動療法用の自転車が欲しいという方にはオススメの車種です。
いろんな価格帯のクロスバイクがありますが、あんまり安いものはただの「カゴや泥除けが無い、見た目だけな不便なママチャリ」だったりするので注意が必要です。
だいたい4万円以上の物がきちんとしたクロスバイクの目安です。
カゴや泥除けを付けることによりシティサイクル的な使い方も出来るので無駄になりにくいです。

ロードバイク
オススメといえばオススメです。
長期的に自転車を趣味にしたいのならやはりロードバイク。
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠
うつ病の方で、ロードバイクを運動療法に使おうと思っている方、下記のコラムも読んでみて下さい。
ロードバイクでうつ病悪化?

マウンテンバイク(MTB)
近くにちょうど良い林道などがあればオススメです。
カミーユ木村のようにスパイクタイヤ履いて冬道を走るのは運動療法の範囲を超えていると思います(笑)
マウンテンバイクには、低価格帯のものだとマウンテンバイク類型車(MTBルック車)という本格的なオフロード走行が不可の物があります。
一応、MTBルック車でも公道上の未舗装路を通常走行する分には大丈夫なことになっています。
ちょんとしたマウンテンバイクとMTBルック車の簡単な見分け方は「悪路走行禁止」「No off Road」等のステッカーが貼ってあるかどうかです。
通常、本格的なマウンテンバイクはそのようなステッカーは貼ってません。(例外として並行輸入品などの自転車に国内の規格試験を通していない等の理由で輸入元がそのようなステッカーを張り付ける場合があります。)

エアロバイク(サイクリングマシン)
交通事故の心配は無いのは安心ですね。
体調や病気によって外を走るのが心配な人でも運動療法を気軽に試せます。
天候に影響されず継続的運動が出来ます。
雨の日や雪の日でも気軽に運動できます。
室内での運動になるので、光療法の効果はありません。
他の自転車をメインでエアロバイクを補助的に使うことも出来ます。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥26,800から
(2017/3/5 21:31時点)


ちなみにカミーユ木村は上記リンクのスピンバイク HG-YX-5006 を愛用しています。
おすすめポイントは、サドルとペダルが普通の自転車と同じものを使用していてカスタマイズ性があることです。
44mmレール幅の一般的なスポーツサドルに対応。
ペダルはいわゆる一般的なサイズでホームセンターに置いているペダルから本格的なビンディングペダルまで好きなペダルに付け替えて使用することができるのでおススメです(^^)/
近いうちに詳細なレビューを書こうと思っています。(レビューというかカスタムsちゃいました!こちらから

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病とサイクリング,うつ病コラム

うつ病による長期休職から復職に向けて絶対にやるべき習慣2つ

この記事は、うつ病で長期休職して、そろそろ復職したい人、あるいは復職しようとしているがなかなかうまくいかない人のための記事です。
薬物療法や休養によってうつ病の症状が落ち着き、そろそろ働きたいなぁと思っている人のための記事です。

たった2つの簡単なことです。
カミーユ木村が個人的に特に重要だと思っていること2つです。
この2つのことのおかげでカミーユ木村が復職できたといってもいいくらいです(笑)

※この記事はカミーユ木村の体験に基づく個人の考えであって医学的根拠に基づくものではありません。

簡単なことなので、もうすでに出来てる人もいるかもしれませんが、この2つのことはかなり大事なので続けていきましょう(^_^)

その1、
早寝する
もちろん早寝早起きが理想ですが、なかなか早起きというのは難しいです。
しかし、早く寝るだけなら、きちんと心がければ比較的簡単にできます。
布団に入ってもなかなか寝付けない人は、別の問題ですので睡眠薬を処方してもらうようにしたらいいかなと思います。
毎日早い時間に(睡眠薬飲んで)布団に入るだけです。
まずは早寝から始めましょう。
ある程度続けて自律神経のリズムが整ってくると自然と早く起きれるようになってきます。

その2、
1日1回外に出る
いわゆる外出訓練です。
外出すると歩いたりすることになると思いますので運動療法も兼ねています。
また、日中に屋外に出ると、太陽光を浴びることになるので光療法にもなります。
在宅ワーク以外で働くとなると、まず外出が出来なければ働けません。
最初は「近所の公園まで散歩」とかが良いと思います。
慣れてきたら、
「近所のコンビニまで買い物」を日課にするといいと思います。
買うのは少額の物でもかまいません。
買い物というのは社会的生活の基本です。
これがなんとなくストレスを感じるのであれば、ストレスなく出来るようになるまで心と体を慣らしていきましょう。
また、買い物の時、おつりをもらわないようにぴったりと支払うようにするとさらにオススメです。
少し面倒かもしれませんが良いリハビリになります(^^)/

サイクリングでうつ病克服
ロードバイクでうつ病悪化?
うつ病の人が自転車に乗る理由
運動療法でサイクリング!(自転車選び編)

おかげさまで無事復職できました!!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病コラム

おかげさまで無事復職できました!

あけましておめでとうございます。カミーユ木村です。
昨年は、おかげさまで無事復職できました(^_^)
今年もカミーユ木村をよろしくお願いします!!

全然ブログを更新してませんでしたが、その間、復職訓練(リハビリ出勤)等、復職に向けた活動に集中し、昨年末、無事復職できました!

今年のカミーユ木村の目標としましては、うつ病を再発させずに毎日きっちり働くこととしておきます。
あとはブログの更新ですかね(笑)

うつ病からの社会復帰を目指す人のための記事をカミーユ木村の経験談を入れながら書いていけたらなぁと思っています。
他にはサイクリング関係の記事も書けたらいいなぁと思っています。

自転車で通勤してたのが、うつ病治療・復職活動に役に立ったと思っています。
毎日、通勤で自転車に乗るので運動療法として効果的だったのでしょうね(^^)/

サイクリングでうつ病克服
ロードバイクでうつ病悪化?
うつ病の人が自転車に乗る理由

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病コラム,普通の日記

低気圧対策でハチマキ(鉢巻)・うつ病克服法

低気圧が近づくたびにうつ病の症状が悪化して体調を崩してしまうのは大変ですよね。
どうにかできないかカミーユ木村なりに対策を考えてみました。

その1、低圧に慣れる
「低気圧が近づいて調子が悪くなるなら、普段から低気圧に慣れてしまえば体調が悪くならないのでは?」
という考えです。
いわゆる高地トレーニングの応用です。
でも実際に行うのは大変です。
無理して逆に症状が悪化してもいけませんので、ある程度、普通に働けるようになった人向けの方法だと思います。
登山などで高い山に登るのは運動療法も兼ねていて良さそうな気がするのでそのうち試してみようと思います。

その2、加圧する
「低気圧で症状が出るなら、身体を加圧すれば症状が出ないのでは?」
という考えです。
まず全身タイツのような体を締め付ける服を着るのが思い浮かびます。
でもうつ病は脳の病気ですので体を加圧しても効果があるのかどうか少し疑問もあります。

脳に近い頭を加圧したいです。
頭を締め付けて加圧できるものといえば・・。
そう、「ハチマキ(鉢巻)」です。
ハチマキにはやる気を出す作用があるといわれています。
やる気が出せなくなる病気、うつ病にはなんか効果がありそうな気がしませんか?

とりあえずカミーユ木村も試しに巻いてみました。
昨日の夜あたりから、いわゆる爆弾低気圧の影響でかなり調子が悪かったカミーユ木村ですが、雪かきしてブログを書くくらいには回復しました(^^)/

ハチマキを巻いていると頭痛はかなり軽減できる感じです。
プラシーボ効果かもしれませんが(笑)
しばらくは低気圧が近づくたびにハチマキをしてみようと思います。

低気圧のたびに調子を崩して困っている人は、ハチマキを試してみるのもいいかもしれません。

うつ病は「脳の腰痛」(低気圧で症状悪化)
うつ病の運動療法
サイクリングでうつ病克服

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病コラム

うつ病は「脳の腰痛」(低気圧で症状悪化)

「古傷が疼く、もうすぐ雨が降るな」とかそういう感じで、低気圧が近づくと古傷や腰、膝などが痛む人は多いのではないでしょうか。
うつ病の人も低気圧が来ると調子が悪くなったりします。
だいぶ回復して調子が良くなった人でも台風とか強い低気圧が来ると調子を崩してしまったりするようですね。
カミーユ木村もここ最近のいわゆる爆弾低気圧で体調を崩してしまいました。

うつ病は「心の風邪」といわれています。
ですが最近ではうつ病は「」の病気ではなく「」の病気と言われるようになってきました。
また、誰でもかかる可能性があるという意味では「風邪」でもいいでしょうが、症状の重さや再発性の高さ、治療の難しさを考えると「風邪」ではちょっと軽い感じがしてしまいます。

そこで「腰痛」です。
誰にでもなる可能性が有る、一度なると再発性が高い、無理すると悪化する、重症化すると働けなくなる、治ったと思っても低気圧が近づくと症状がでる・・「うつ病」と「腰痛」って共通点が多いと思いませんか?

うつ病は「脳の腰痛」とすると、「心の風邪」というよりはしっくりくる気がします。
まぁ、カミーユ木村の個人の考えですけどね(笑)

低気圧対策でハチマキ(鉢巻)・うつ病克服法
うつ病の運動療法

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病コラム
1 2