ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その2

前回に引き続き、ミリタリポーチを自転車バッグに流用の紹介です。
今回は、ダンプポーチをパニアバッグに流用したものを紹介します!
ダンプポーチ、ダンプバッグは、空になったマガジンを放り込むためのポーチです。

ベルトに固定するところを荷台の上部、脚に固定するところを荷台の下部に固定して使っています。
上下でしっかりと固定出来ています。まるで最初から自転車用のサイドバッグとして作られたみたいです(笑)

かさばりがちな自転車のカギの持ち運びがかなり楽になります。
携帯工具や予備チューブ、レインコート等、かなりの荷物を余裕をもって携行できて、長距離ツーリングにはとても便利です。

ちなみにレッグバッグなんかも、自転車の荷台にちょうど取り付けできそうなものもあるみたいです。
今度試してみようかな?

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その1
スリックMTBの魅力


Posted under 自転車コラム,自転車用品

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その1

前回の記事で気になった人がいるんじゃないかと思いちょっと書いてみます。

ハンドルのところについている迷彩バッグ。自転車専用品にも見えますが、実はただのミリタリーポーチです(笑)
太いガンベルト等につけれるようになっているポーチなのですが、ちょうどハンドルのステムの合わさるところにピッタリ。

最近の軍用品のモールシステムのものは自転車のいろんなところに取り付け可能です。
ミリタリーショップに行って、自転車用ポーチに流用可能なものを探すのも楽しいですよ。
サドルバッグになりそうなものや、荷台に2個取り付けたらパニアバッグになりそうなものまでいろいろあって楽しいですよ。
通販サイトだとイメージが膨らみにくいので(ミリタリーマニアの人なら別でしょうが)実店舗に行くのがおススメです。
ミリタリー品の雰囲気が好きな人ならぜひ試してみてください!

ミリタリーポーチを自転車バッグに流用!その2

 


Posted under 自転車コラム,自転車用品

気軽にドロップポジション!セミドロップハンドル!

セミドロップハンドルは昔の子ども用スポーツ自転車に使われていたハンドル形状です。
今ではほとんど見ることができません。
カミーユ木村のツーリング車はセミドロップハンドルですが(笑)


セミドロップハンドルのスリックMTB(笑)

セミドロップハンドルのいいところ
まずは価格が安いということがあげられます。
ブレーキレバーやシフトレバーは普通のバーハンドル向けのものが使えるので価格を抑えることができます。
ドロップハンドル向けのブレーキレバーとかは高価ですからね。
さらにコストを抑えようとすれば、セミドロップハンドル自体も、ママチャリ用のカマキリハンドルを上下逆さにするだけでセミドロップハンドルとして流用することができます。
スポーティーなドロップポジションを低価格で実現でき、当時の子ども用自転車としては大ヒットだったんですね。
ドロップポジションをとることができるので、スピードも出しやすいです。

悪いところ
ドロップポジションしかとることができません。
ポジションの多様性がないので、ドロップハンドルと比べると長距離は疲れます。
スピードを出しやすいというのは子ども用自転車としては必ずしもメリットではありませんでした。
前傾姿勢で前も見にくい傾向もあるため、全国のPTA等によってセミドロップハンドルが校則で禁止されるなどして、セミドロップハンドルの子ども用自転車は姿を消していくことになりました。

クロスバイクやスリックMTBをセミドロップ化してみよう!

ブレーキレバーやシフトレーバーはそのまま使えるので、セミドロップハンドルを用意すればいいです。
場合によってはポジションだしのため、ステムも新しく用意する必要がありますが。
ハンドル交換だけでお手軽にドロップポジションを試してみることができます!

日東(NITTO) ハンドルバー B-302AA

新品価格
¥3,012から
(2017/5/30 09:06時点)

スリックMTBを作ろう!
スリックMTBの魅力
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠


Posted under 自転車コラム,自転車整備,自転車用品