うつ病の運動療法

運動すると、なんかすっきりとした気分になれますよね。

適度な運動はいろいろな身体や心の不調を治す働きがあるといわれていますよね。

うつ病はとくに脳内の神経伝達物質、セロトニンなどの働きがおかしくなることで発病するとも言われています。
セロトニンにはやる気を起こしたり元気になったりする働きがあるそうです。

「運動でセロトニンの働きが活発になる。」

運動をすると、脳内のセロトニンが増えると考えられています。
すこし難しいことを書きます。

セロトニンの原料は、トリプトファンという必須アミノ酸らしいです。
トリプトファンが脳でセロトニンに変換されるそうです。

ですが、体内では通常、トリプトファンはアルブミンというたんぱく質とくっついていて、そのままだと大きすぎて「血液脳関門」という脳に入る入口を通過することができません。

運動をすると、体内で脂肪が分解され、血液中に遊離脂肪酸というのが増えます。
遊離脂肪酸はアルブミンとくっつきやすく、アルブミンはトリプトファンと離れて遊離脂肪酸とアルブミンがくっつきます。

そうするとトリプトファンだけになるので「血液脳関門」を通過することができ、脳内でセロトニンに変換されます。

ですから、(脂肪を分解する)運動をすると、脳内のセロトニンが増えると考えられています。

だから脂肪を分解しやすい有酸素運動がうつ病の予防や治療に勧められるんですね。

他にも、運動によってドーパミンやノルアドレナリンといった気分を高揚させたり、やる気を起こさせたりする神経伝達物質の働きが良くなるという説もありますす。

「運動で睡眠の質が改善する」

さらに運動には睡眠の質を改善させる働きがあるといわれています。
体を沢山動かした後は、自然と眠くなりますよね。

運動によって自律神経の働きも良くなって、よく眠れるようになるらしいです。
あまりに過度の運動は逆に自律神経を乱してしまったりするので気を付けましょう。

「運動で体力が向上する」

休職するほどの重いうつ病になると長期間活動が少なくなり、体力が落ちてしまうことが多いです。
体力が落ちてしまうと、症状が軽くなり復職などに向けて動き出した時にスムーズに復職できない可能性があります。

体力が無く、疲れやすい状態で働くと、強いストレスがかかり、再びうつ病を悪化させてしまうかもしれません。

うつ病によって落ちてしまった体力を運動で取り戻しましょう(^^)/

運動療法でサイクリング!(自転車選び編)
うつ病の人が自転車に乗る理由
ロードバイクでうつ病悪化?
サイクリングでうつ病克服


Posted under うつ病コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)