坂道ダッシュで幻覚(うつ病体験談)

うつ病の症状が重かったころの話を少しします。

医者に休養するように言われ、しばらく仕事を休むと糸が切れたように全く動けなくなりました。

症状が重く動けない日が続き、当然トレーニングなんて全くしてません。

そんな日が長く続いて、少し調子が良い日が来ました。
うつ病の症状って波があるので、調子が良い日は調子が良いです。
トレーニングを長期間していないという焦燥感で、つい無茶な運動をしてしまいました。
坂道ダッシュをしてしまったのです。

うつ病は脳のホルモンバランスが崩れてることによってなるといわれています。
もうすでに脳は限界を超えている状態なんですよね。

脳がそんな状態のとき、坂道ダッシュのようなハードの運動によって脳への酸素供給量が少なくなるどうなってしまうか。

答えは幻覚が見えるです。

坂を駆け上がってる最中に目の前を急に人が横切ったように見えました。
びっくりしてあたりを見渡しても周りに人なんていません。
軽い心霊体験ですね(笑)

気を取り直してまた走りだすと、今度は電信柱とか木とかが全部人影に見え、道に落ちている石とかがネズミや虫に見えるんですよね。

とてもそんな状態では走れません。
めまいと頭痛と幻覚でフラフラになりながら家に帰りました。

結局、次の日から症状がさらに重くなってしまいました。

うつ病の症状が重いときは、酸欠になるような運動は絶対に避けるようにしたほうが良いと思います。

重いうつ病の人は身体が重い感じがしたり、ちょっと運動しただけでめまいがしたりしてハードな運動しようとする人はいないと思いますが、
カミーユ木村みたいに、陸上競技の400m走とかをやっていた経験がある人は注意が必要です。
身体が重い状態とか、めまいがする状態で走るのに慣れてしまっているんですよね。

気合と根性で無理にトレーニングしても、症状が重い期間が長くなってまともなトレーニングができない期間が長くなるだけです。

うつ病に限らず病気の症状が重いときは素直に休みましょう(^^)/

坂道ダッシュの効果(自転車乗りにもオススメ)
運動しててもうつ病になるパターン2つ
うつ病の運動療法
ロードバイクでうつ病悪化?

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under うつ病コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)