自転車の防犯登録とかいろいろ

自転車の防犯登録には有効期限があるのですが、ステッカーに有効期限が書いていないのは不便だと思います。
防犯登録有効期限一覧はこちら

万が一、自転車が盗まれたときに備えて、自転車の車体番号、防犯登録番号は携帯電話にメモして入れておくことをオススメします。
有効期限切れに備えて登録日や有効期限もメモしておけば役に立つかもしれません。
また自転車の写真も撮って携帯電話に入れておけば盗まれたときに探しやすくなると思います。

防犯登録料金、約500円の使い道
ステッカー代
事務手数料
広告代(ポスターとか)

と、されていますが詳しい収支報告はどの団体もしていないようです。
ほとんどステッカー代と事務手数料に消えていると思いますが、お金の流れの不透明さは、なんかすっきりしない気分になります。
もし仮にステッカーに有効期限記載するようにしたら、どれくらい登録料金が上がるのですかね?(笑)

都道府県間の連携の問題
防犯登録は各都道府県で別々のデータベースでやっているので、県境を超えてしまうと効果は半減します。
また職務質問や検問などでの登録情報の照会に時間がかかります。
スポーツ自転車に乗ってるなら県境をこえて走ることも良くあることだと思うのでいろいろ不便ですね。

もし盗まれたら被害届をすぐに出す
自転車が盗まれた後、放置自転車として撤去された場合に、撤去料や保管料を払わなければ自転車が返却されません。
盗難届を出しておけばほとんどの自治体で無料で返却されます。

また、盗難自転車が犯罪などに使われた場合に、あらぬ疑いをかけられてしまうこともあるかもしれませんので盗難届は出したほうが良いです。

盗難届を出した自転車を自分で見つけた場合も必ず警察に連絡する
盗難届が出したままになっている自転車に乗ってるといろいろ面倒なことになってしまう場合があるので必ず警察に連絡するようにしてください。

防犯登録有効期限一覧(2015年最新版)


Posted under 自転車コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)