坂道ダッシュの効果(自転車乗りにもオススメ)

カミーユ木村が大好きなトレーニングの1つが坂道ダッシュ(坂ダッシュともいう)

実際に走る動作で鍛えるため、とても実践的なトレーニングです。

坂道ダッシュを積極的に練習に取り入れている(いた)スポーツ選手といえば、
陸上競技のウサイン・ボルト選手やアサファ・パウエル選手、為末大選手、サッカーの長友佑都選手などが有名ですね。

ハムストリングス(太ももの後ろ側の筋肉)や、腸腰筋(お腹の奥の方の筋肉)、大殿筋(お尻の筋肉)
ここら辺の筋肉を効果的に鍛えることができます。

また、短時間で心肺機能に強い負荷をかけれるため、時間が無い忙しい人にもオススメ(笑)

陸上競技等で脚が速くなりたい人や心肺機能を向上させたい人はもちろんですが、
速くなりたい自転車乗りの人にもオススメです。

もし自転車で坂道ダッシュと同じくらい心肺機能に負荷かけようと思ったら、猛スピードで走るか、かなりの長い坂道を走ることが必要です。
一般公道を猛スピードで走るのは危ないですし、長い坂道が家の近所にあるとは限りません。

坂道ダッシュなら比較的短い坂道で大丈夫なのが魅力です。
ハムストリングスや腸腰筋、大殿筋などの坂道ダッシュで鍛えられる筋肉は、自転車をぺダリングする時に使う大事な筋肉です。

自転車での走力向上の為に坂道ダッシュしてみようと思った人は、是非ペダリングを意識した走り方で走ってみて下さい。
意外と同じような感覚で走れます(笑)

ステップアップ
心肺機能向上を目指して坂道ダッシュする方は、普通の坂道ダッシュに慣れてきたら、
いわゆるインターバルトーレニングを取り入れてステップアップするのもいいかもしれません。

坂道を一気に駆け上がって、ジョギングで坂道を降りる。
これを連続で繰り返します。

正直、かなりきついです(笑)

坂道ダッシュで幻覚(うつ病体験談)
自転車乗りには懸垂がオススメ


Posted under トレーニング論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)