運動療法でサイクリング!(自転車選び編)

うつ病やその他の病気の運動療法としてサイクリングが注目されていますね。
日中に屋外でのサイクリングだと、太陽光を浴びることにより、光療法を兼ねることが出来ます。
運動療法に使う自転車はどんな自転車が良いか、ちょっと書いてみます。

ママチャリ・シティサイクル
もうすでにそのママチャリやシティサイクルを持って居るのならその自転車で大丈夫です。
通勤・通学や、お買い物でも使いたいならオススメの車種です。
色々な場面で使うことにより、継続的な運動がしやすくオススメです。

クロスバイク
運動療法に使うなら定番の車種ですね。新たに運動療法用の自転車が欲しいという方にはオススメの車種です。
いろんな価格帯のクロスバイクがありますが、あんまり安いものはただの「カゴや泥除けが無い、見た目だけな不便なママチャリ」だったりするので注意が必要です。
だいたい4万円以上の物がきちんとしたクロスバイクの目安です。
カゴや泥除けを付けることによりシティサイクル的な使い方も出来るので無駄になりにくいです。

ロードバイク
オススメといえばオススメです。
長期的に自転車を趣味にしたいのならやはりロードバイク。
「初めからロードバイク買った方がいい」の罠
うつ病の方で、ロードバイクを運動療法に使おうと思っている方、下記のコラムも読んでみて下さい。
ロードバイクでうつ病悪化?

マウンテンバイク(MTB)
近くにちょうど良い林道などがあればオススメです。
カミーユ木村のようにスパイクタイヤ履いて冬道を走るのは運動療法の範囲を超えていると思います(笑)
マウンテンバイクには、低価格帯のものだとマウンテンバイク類型車(MTBルック車)という本格的なオフロード走行が不可の物があります。
一応、MTBルック車でも公道上の未舗装路を通常走行する分には大丈夫なことになっています。
ちょんとしたマウンテンバイクとMTBルック車の簡単な見分け方は「悪路走行禁止」「No off Road」等のステッカーが貼ってあるかどうかです。
通常、本格的なマウンテンバイクはそのようなステッカーは貼ってません。(例外として並行輸入品などの自転車に国内の規格試験を通していない等の理由で輸入元がそのようなステッカーを張り付ける場合があります。)

エアロバイク(サイクリングマシン)
交通事故の心配は無いのは安心ですね。
体調や病気によって外を走るのが心配な人でも運動療法を気軽に試せます。
天候に影響されず継続的運動が出来ます。
雨の日や雪の日でも気軽に運動できます。
室内での運動になるので、光療法の効果はありません。
他の自転車をメインでエアロバイクを補助的に使うことも出来ます。

HAIGE フィットネスバイク スピンバイク HG-YX-5006 小型サイズで本格トレーニング カラー:ブラック

新品価格
¥26,800から
(2017/3/5 21:31時点)


ちなみにカミーユ木村は上記リンクのスピンバイク HG-YX-5006 を愛用しています。
おすすめポイントは、サドルとペダルが普通の自転車と同じものを使用していてカスタマイズ性があることです。
44mmレール幅の一般的なスポーツサドルに対応。
ペダルはいわゆる一般的なサイズでホームセンターに置いているペダルから本格的なビンディングペダルまで好きなペダルに付け替えて使用することができるのでおススメです(^^)/
近いうちに詳細なレビューを書こうと思っています。(レビューというかカスタムsちゃいました!こちらから

HAIGE スピンバイク HG-YX-5006 カスタムしてみました!


Posted under うつ病とサイクリング,うつ病コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)