スリックMTBを作ろう!

スリックMTBの作り方を解説していきたいと思います!
といってもマウンテンバイクのタイヤをスリックタイヤに交換するだけなので、本記事ではベース車選びとタイヤ選びの基本を中心に書いていきたいと思います。

ベース車選び
乗っていないマウンテンバイクやMTBルック車を持ってるならそれがベース車です(笑)
乗っていたとしても走るのが舗装路のみならぜひスリックMTBにして舗装路での走行性を向上させましょう!

もし新しくベース車を用意するなら、フロントサス付きのハードテイルタイプがオススメ。
用途的にはフルリジットタイプも良いのですが、それなら最初からクロスバイクを買った方がいいかと思います(笑)
中古で安いフルリジットタイプのマウンテンバイクが手に入るならアリです。

前後サス付きや、リヤサスのみついているマウンテンバイクもありますが、基本的にはあまりお勧めはしないです。
リアサスがペダルを回す力を吸収してしまうため、舗装路での走行性能は悪くなりがちです。
スリックMTBのメリットである舗装路での走行性能があまり高くならないので、たたまた家にあるマウンテンバイクがリアサス付きでもない限り、やめておいた方がいいとか思います。

タイヤ選び
スリックMTBといっても基本的にセミスリックタイプのスリックタイヤを選びます。
セミスリックタイヤではありません。セミスリックタイプのスリックタイヤです。
ややこしいですが、マウンテンバイクの場合、単にセミスリックタイヤというと、タイヤの端がブロックタイヤで真中がスリックタイヤのオンオフ兼用タイヤのことをさす場合が多いです。
舗装路と悪路両方を走りたい人はセミスリックタイヤがいいかもしれません。
話が逸れました。
溝が全くないスリっクタイヤは基本的には競技用です。
スリックMTBの用途を考えるとあまり向いているとは言えません。
セミスリックタイプのスリックタイヤで決まりです。

たぶん大半のマウンテンバイクは26インチHEという規格のタイヤを履いていると思います。
26X2.0というように後半のサイズ表記に小数点が入っているのが目印です。
後半の2.0はタイヤの太さが2.0インチということです。
もし、26x2や26x1/2のような小数点がなかったり分数が入っているタイプのものはWO規格という別タイプの規格で、HE規格と互換性がありません。注意しましょう。

タイヤサイズは1.5インチ以上の太さのものが目安
26インチHEのセミスリックタイプのスリックタイヤといっても、1.0インチの細いものから2.1インチ以上の太いものまでいろいろあります。
マウンテンバイクのフレームは頑丈にできているため、振動吸収性が悪い傾向があります。
あまり細いタイヤだとタイヤの振動吸収性も悪いため、乗り心地が悪くなってしまう傾向があります。
また、マウンテンバイクは太いタイヤを履くことを前提で作られているため、ある程度太いタイヤの方がカッコいいと思います(個人の主観です)
最低でも1.25インチ以上、無難に行くなら1.5インチ以上の太さのタイヤですね。
しかし、あまり太いと舗装路での走行性が落ちてしまうため、1.75インチ以下にするのがおススメです。

結論を言うと、1.5インチか1.75インチのものということになります!
26x1.5もしくは26x1.75のサイズのセミスリックタイプのスリックタイヤを買いましょう!

↓↓がカミーユ木村の使っているタイヤです。残念ながら現在在庫切れ?

AKI WORLD(アキワールド) 26X1.5 ORANGE/BLACK TR-KE-022

新品価格
¥1,575から
(2017/4/13 19:27時点)


アキワールドが販売元(?)ですが、生産は台湾のKENDAでKWESTブランド。
「KENDA KWEST」のロゴも普通にに入ってます。

有名なクロスバイク、GIANT Escape シリーズもKENDA KWESTが標準装備です(700cというサイズですが)
そこそこいいクロスバイクはだいたいKENDA KWESTが標準装備です(笑)

すり減りにくく、なにより価格が安いのでオススメ。
回転方向に指定があるので、取り付け時、向きに注意です。
高級タイヤと比べるとちょっと性能的にイマイチといわれるタイヤですが、マウンテンバイクのブロックタイヤと比べると、舗装路での走行性能は次元が違うレベルです。

シンコー スリックタイヤ HE SR076 61113 ブラック 26×1.5

新品価格
¥1,800から
(2018/7/13 22:29時点)

IRC METRO 26×1.50 19622P イエロー 26X1.50

新品価格
¥2,627から
(2018/7/13 22:41時点)

スリックMTBの魅力
気軽にドロップポジション!セミドロップハンドル!

スパイクタイヤで自転車通勤(検討編)
スパイクタイヤで自転車通勤(メンテナンス編)

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Posted under 自転車コラム,自転車整備,自転車用品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)