「初めからロードバイク買った方がいい」の罠

「初めてのスポーツバイクはクロスバイクがいい」とよく言われますが、「クロスバイクに乗ってるとすぐにロードバイクが欲しくなるので、それなら初めからロードバイクを買った方がいい」というようなこともネット上で見かけます。しかし、この言葉には罠があると思います。
「クロスバイクに乗ってるとロードバイクが欲しくなる」これは事実です。
しかし「初めからロードバイクを買った方がいい」これは必ずしも事実ではないと思います。

「初めからロードバイクを買っても、ほとんど乗らないままになっている人も多い」
ロードバイクは盗難の心配等もあり室内保管が基本です。
立派な専用ガレージがあるような人は別ですが、マンション暮らしの人などは部屋から出すだけでも一苦労です。
せっかく遠出しても駐輪場所の心配などもあり気軽にどこかに寄ったりできないです。
高級ロードバイクともなると基本自転車から離れられないです。
トイレやコンビニですら不安です。
その他にも乗るときにヘルメットかぶったりグローブをつけたりビンディングシューズを履いたりサイクルウエアに着替えたり等、いろいろと敷居の高さがあって、乗るのが面倒になってしまうのです。
買っても乗らないではもったいないですよね。

「クロスバイクは気軽に乗れる」
安めのクロスバイクなら、盗難の心配ある程度は低いので最悪駐輪場保管でも大丈夫です(頑丈なカギと自転車カバー推奨ですが)
盗難の心配が少ないと駐輪場の心配もすくなく、気軽にどこかに寄ったりできます。
ヘルメットをかぶるのは推奨ですが無くても不自然ではなく、サイクルウエア等も着る必要は薄いです。
クロスバイクは気軽に乗れるので自転車の魅力にハマりやすく、「買ったけど乗らない」になってしまうのを防げます。
カゴや泥除けを装備すると通勤や通学にも便利です。通勤や通学で使用すると定期的に必ず乗るので自転車にのるのが習慣化しやすいです。

「ロードバイクに乗っているともっといい高級ロードバイクが欲しくなる」
初めからロードバイクを買って、敷居の高さもクリアし、自転車にたくさん乗るようになったとしても、結局、もっといい高級ロードバイクが欲しくなります。
とくに初めて買うような入門用の安いロードバイクに乗っているとその傾向が強いです。
新しいロードバイクを買ったとしても、自転車が趣味になるきっかけになった「初めて買ったロードバイク」をなかなか手放せない人も多いです。
室内に2台もロードバイクがあったら、狭い家に住んでる人なら大変ですよね。

「ロードバイクに乗っているとクロスバイクが欲しくなる(こともある)」
ロードバイクを乗っている人でも、街乗りや通勤・通学用にクロスバイクを待っている人も多数います。
ロードバイクは普段使いには何かと不便なのでクロスバイクが欲しくなるんですね。
クロスバイクとロードバイクは別物なので用途に合わせて使い分けるのが正解です。

「クロスバイクは無駄になりにくい」
ロードバイクを買ったあとでも、クロスバイクは気軽に乗れるメリットがあるので、使い分けができます。
カゴや泥除けを装備してママチャリ代わりに使うこともできます。
ちょっとした近所へのお買い物や通勤・通学にもクロスバイクは便利です。

「初めてのスポーツバイクはやはりクロスバイクがいい」
気軽に乗れるのがメリットのクロスバイク。多くの人がいう「初めてのスポーツバイクはクロスバイク」は間違いではないです。

「初めからロードバイクを買った方がいい人はどんな人?」
ずばり、「競技会に出てみたい人」です。
クロスバイクを使った自転車競技は基本的にありません。
競技に出てみたい人は初めからロードバイクがいいですね!
もっといい高級ロードバイクを買ったとしても、練習用と本番用に使い分けができます。
他には1日に何百キロも走りたい人などがあげられます。
自転車旅行に行きたい人は、ロードバイクの他に、ランドナーという選択肢もあります。

「クロスバイクを買うその前に」
乗ってないマウンテンバイクが眠ってませんか?
マウンテンバイクのタイヤを舗装路用のスリックタイヤに交換することにより、クロスバイクのようにすることができます。
マウンテンバイクにスリックタイヤを履かせたいわゆる「スリックMTB」はクロスバイクの起原ともいわれています。
スリックMTBの魅力
スリックMTBを作ろう!

サイクリング中、ずっと冷たいドリンクを飲む方法


Posted under 自転車コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)