腹筋運動は腰痛の原因??日本バスケットボール協会が警鐘

日本バスケットボール協会が昔ながらの腹筋運動、いわゆる「上体起こし」が腰痛の原因になって危険だということで「推奨できない」としているみたいです。
腹筋を鍛えることが競技パフォーマンスの向上につながることは認めていて、代替えの腹筋運動として「カールアップ」が推奨されてました。

ネット上にある自称専門家の方々のブログを見ると、複数の腹筋運動で負荷を分散させることを推奨している人が多い印象です。

また某大手掲示板では、いわゆる「正しいスクワット」が腹筋を鍛えるのに効果的という結論になってました。
正しいスクワットを簡単に説明すると、
「ひざを前に出さない(お尻を後ろに引く)」「ひざを曲げすぎない(最大でも90度くらいまでにする)」「猫背にならない(むしろそらし気味にする)」
です。

ところで、「腹筋ローラー」は大丈夫なのでしょうか??
カミーユ木村の独自解釈ですが、瞬間的な負荷は大きいものの、回数や頻度が少なくて済むので最終的に負担が少ないとの結論です(^^)/

懸垂が1回もできない人の練習法
スロートレーニングの効果


Posted under トレーニング論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)