自転車乗りには懸垂がオススメ

普通に自転車に乗ってるだけではなかなか上半身は鍛えれませんよね。

でも、サイクリングをしているとき、急な坂道にきたときや、急加速したいときなんかで上半身に力を入れてがんばる場面ってありますよね?
その時、もう少し上半身の筋力があったらなぁと思うことはありませんか?

また、自分の姿を鏡で見たとき、「脚が太くて腕が細い」「下半身だけ筋肉ついて上半身が貧弱」「なんかバランスが悪くてカッコ悪い」・・などと思うことはありませんか?

そこで効果的に上半身を鍛える方法の1つ、「懸垂」について書きたいと思います。

自転車に走っていて、ヒルクライムや、急加速のとき、ハンドルを身体の方に引く感じで力を入れますよね?

この力の入れ方、「懸垂」のときの力の入れ方によく似ていると思いませんか?

自転車乗るときに必要な上半身を鍛えるのに懸垂は非常に有効だと思います。

普通に懸垂をするだけでも良いですが、ロードバイクやシクロクロスなどのドロップハンドルの自転車に乗っている人は、公園の雲梯(うんてい)で懸垂するのが良いかと思います。

ちょうど棒が平行に並んでいるので、ドロップハンドルを握った気分で懸垂できてオススメです。

もちろんマウンテンバイクやクロスバイクなど、フラットバーハンドルの自転車に乗ってる人は普通の鉄棒で充分に効果的だと思います。
ハンドルを握った気分で、自分の自転車のハンドル幅に合わせて鉄棒を握れば良い感じに鍛えれると思います。

自転車乗りに必要な上半身を作るため、またはバランスの良い肉体を手に入れるため、懸垂をがんばっていきましょう(^^)/

懸垂が1回もできないけど懸垂ができるようになりたい人はこちら
懸垂が1回もできない人の練習法

坂道ダッシュの効果(自転車乗りにもオススメ)
上半身を鍛えるなら懸垂


Posted under トレーニング論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)